\ 最大8%ポイントアップ! /詳細を見る

WORLD GADGETS MagFolioをレビュー|iPad Proの活用シーンを広げるMagFlo対応ケース

当ページにはプロモーションが含まれています。
MagFolioのレビュー
Audible 2ヶ月無料キャンペーン 開催中!

開催期間:5月9日(木)23:59 まで

Audible会員は対象作品が聴き放題♪

どうも、ひで(@hidetoshitwitt )です。

iPad Pro専用マウント「MagFlo」の登場で、もっと自由になったiPad。でもその活用シーンはまだまだ広がることになりそうです。

本記事でレビューする「MagFolio」(マグフォリオ)はWOLRD GADGETSが新たにリリースするiPad Pro専用ケース。

MagFolio

マグネット内蔵のインナーケースとアウターケースの2つのケースからなる「MagFolio」。僕も愛用中の「MagFlo」のための作られたケースです。

セット完了
iPad用VESAマウント「MagFlo」

「MagFlo」についてはこちらの記事も読んでみてね!

ひで

自宅ではインナーケースのままMagFloにセットし自在にレイアウト♪ 出先ではアウターケースを装着して保護性能アップ♪

さらには、ケースを装着したまま、Apple純正のMagicKeyboardも使用可能な万能ケース。

と、ここまで読んだ方の中にはピンと来た人もいるかもしれません。

このMagFolioには、同じく愛用中のPITAKAケース「PITAKA MagEZ Folio 2 & MagEZ Case 2」と非常に近いものを感じます。

「MagFolio」&「MagFlo」に注目しているPITAKAユーザーも少なくないんじゃないのかな?

実際、どちらもiPad Proの活躍シーンを広げてくれる満足度の高い専用ケースです。また、どちらのケースも「MagFlo」との組み合わせはバッチリと言う。

また、どちらもMagFloユーザー以外にも強くおすすめできるケースだというのも見逃せないポイントです。

ただ、両者を使い比べてみると、意外と違う点も見えてきます。

ひで

とは言え、コスパ重視なら「WOLRD GADGETS MagFlo」を選べば問題なし!?

本記事では「WOLRD GADGETS MagFolio」の特徴や機能、実際に使ってみた感想などを、PITAKA愛用者の視点からじっくり比較などを交えつつ紹介します。

WORLD GADGETS MagFolio
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 専用マウント「MagFlo」との連携
  • 活用シーンが広がる2in1ケース
  • コネクタでApple製品との連携も!
  • ケース単体としてもハイクオリティ
  • 高品質なファブリックデザイン♪
  • 保護力抜群!ペンシルホルダー
  • 圧倒的高コスパなiPadケース
デメリット
  • PITAKA製品との相性の悪さ
  • カラー選択は1色のみ

本記事はWORLD GADGETS様より製品の提供を受け作成しています。

目次

特徴|WORLD GADGETS MagFolio

WOLRD GADGETSの「MagFolio」は専用VESAマウント「MagFlo」のために作られたiPad Pro用ケース。マグネットで着脱可能なインナーケース&アウターケースは、シーンに応じた使い分けでiPadを傷やダメージから保護します。

スクロールできます
MagFolio
MagFolio
インナーを着けたまま
インナーを着けたまま
Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard Folio
ペンホルダー
ペンホルダー
内側はマイクフォファイバー仕上げ
マイクフォファイバー仕上げ
4つの角度
4つの角度
「WOLRD GADGETS MagFlo」の特徴
  1. MagFloにそのまま取り付けできるiPad用ケース
  2. Apple純正MagicKeyboardに対応
  3. 分離可能なインナー&アウターケース
  4. シーンに合わせて、身軽さと保護を両立
  5. 安心のペンホルダー
  6. 傷防止のマイクロファイバー仕上げ
  7. 4つの角度でiPadを立てかけ可能
  8. 自動ウェイク/スリープ機能に対応
iPadを自在に操る魔法のケース!

付属品&同梱品

セット内容
セット内容
ひで

MagFolioはインナーケース&アウターケースで1セットの製品です♪

セット内容
  • MagFolio インナーケース
  • MagFolio アウターケース

製品仕様|WORLD GADGETS MagFolio

WORLD GADGETS MagFolio
WORLD GADGETS MagFolio ※iPad、Apple Pencilは付属しません
ブランドWOLRD GADGETS(ワールドガジェッツ)
製品名称MagFolio(マグフォリオ)
対応端末12.9インチ:iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)
11インチ:iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)および iPad Air(2020, 2022年式)
セット内容インナーケース、アウターケース
カラーグレー
生産中国
備考分離型iPadケース、MagFloに直接装着(マグネット内蔵)
インナーケース 仕様

MagFolio インナーケース

インナーケース
インナーケース ※iPad、Apple Pencilは付属しません
重さ12.9インチ:92g
11インチ:73g
サイズ12.9インチ:28.2×22.8×0.86 cm
11インチ:25.6×18.4×0.81 cm
素材マイクロファイバー/ポリカーボネート
カラーダークグレー
インナーケース 仕様

メリット|MagFolioの注目ポイント

MagFolio

WOLRD GADGETS「MagFolio」は専用VESAマウント「MagFlo」にそのまま取付可能なインナーケースと分離可能なアウターケースからなるiPad Pro用ケースです。

在宅の際はインナーケースでライトに保護し、出かける際にはインナー・アウターの両ケースを装着することで保護力を強化。

ひで

シーンに合わせて使い方を切り替えできる2in1なケース♪

また、スマートコネクタにも対応し、Apple純正MagicKeyboardなどにもそのまま取り付け可能です。

MagFloとの連携&2in1デザイン

「WOLRD GADGETS MagFolio」の最大の魅力は、MagFloとのシームレスな連携です。

マグネット内蔵のMagFolioのインナーケースはVESAマウント「MagFlo」への取り付け、分離式のアウターケースへの装着など、それぞれの間をスムーズに行き来できます。

インターとアウターケース
インターとアウターケース

インナーケースを着けたままMagFloに取り付け。

インナーを着けたまま
インナーを着けたまま

出かけるときはサッとアウターケースをセット。

アウターケースをセット
アウターケースをセット
ひで

ケースの着脱が面倒で持ち出す機会が減ってくる・・なんてことはなさそうです♪

iPadをマウンド「MagFlo」に取り付ける際は、基本、アウターケースは取り外します。が、実はアウター着けたままでも取り付けは可能。

アウターケースを着けたままでも
アウターケースを着けたままでも

少々お行儀は悪いですが、僕はこのままの状態で使うことも多いです。なにげにアウターケースと一緒のほうが磁力が強い気もします。

とはいえ、メーカー推奨の使い方ではないので真似する場合は自己責任で。

注目ポイント
  • 専用マウントMagFloとのシームレスな連携
  • シーンごとに使い分け可能な2in1設計

ハイクオリティなiPadケース

MagFolioはiPadマウント「MagFlo」のために開発されたiPad Pro専用ケース。ですが、ケース単体でみても充分に、どころか非常にハイクオリティな製品に仕上がっています。

ぶっちゃけ、MagFloユーザーでなくとも積極的に選ぶ価値のあるケースだね!

MagFolioのアウターケースとインナーケース。一部、「PITAKA MagEZ Folio 2 & MagEZ Case 2」(以降、「PITAKAケース」)と比較しつつチェックします。

アウターケース

アウターケース
アウターケース

WOLRD GADGETS MagFolioはアウターケースが採用する「三角形型の折りたたみデザイン」によって、用途に応じた4つの角度をiPadに与えます。

タイピングや描画、ウェブサーフィンや動画の視聴など用途に応じた活躍が期待できますね。

ひで

保護性能だけでなく、スタンドとしてもシーンに応じた使い方が可能♪

少し気になったのが、縦置き使用の際、スタンドに微妙な遊びが生じ、わずかなズレを感じること。

若干の遊びが出る
微妙に遊びが出る

このあたりはPITAKAケースの方が精度は高いと感じます。とは言え、あくまでも気になるのは2つ合わせて使用した場合のみ。比べない限り、ほぼ気にはならないです。

ファブリック仕上げのデザインはプライベートでもビジネスシーンでも違和感は感じません。

高品質なファブリック
高品質なファブリック

高品質なファブリックは手触りもよく、防水性能に優れる点も安心度を高めます。

ひで

好みはあるでしょうが、シックなデザインも高評価♪

また、PITAKAケースでは気になった、ホコリなどの汚れが目立たないのも嬉しいポイント。

汚れが目立ちにくい
汚れが目立ちにくい

グレーがWOLRD GADGETSのMagFolio。ブラックがPITAKAケースです。

ひで

ケースの裏地にはマイクロファイバーを採用。iPadの画面も優しく保護してくれますよ♪

インナーケース

インナーケース
インナーケース ※iPad、Apple Pencilは付属しません

続いて、MagFolioのインナーケース。

正直なところ、インナーケースについてはデザイン云々で感じるものは無かったです。

WOLRD GADGETS / PITAKA
WOLRD GADGETS / PITAKA
インナーケースはPITAKA

デザインに関しては圧倒的にPITAKAケースが好み。MagFolioのインナーケースは見た目よりも機能性を重視した設計だと感じます。

MagFolioはアウターケース同様、インナーケースの裏地にもマイクロファイバーを採用。ここはPITAKAケースには無かった点。

内側はマイクフォファイバー仕上げ
裏地はマイクフォファイバー仕上げ

画面だけでなく、iPadの本体表面もやさしく守ってくれる!

Apple Pencilをガッチリ保護するペンシルホルダー。

ペンシルの紛失だけでなく、持ち運び時の傷や破損などかも防いでくれるはず。

PITAKAケースも脱落・紛失は防いでくれますが、傷付き・破損については心もとないです。

頻繁にApple Pencilを持ち出すのなら、ここはMagFolioの方が安心。一方、自宅での使用が主な場合、ペンシルの着脱がスムーズなのはPITAKAケース。

WOLRD GADGETS MagFolioはスマートコネクタにも対応しています。

コネクタ
コネクタ

Apple純正のMagic Keyboardや僕が使っているSmart Keyboard Folioもインナーケースを着けたまま使用可能。

Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard Folio

もちろん、キーボードを折りたたんでそのまま持ち運ぶことも可能です。

折りたたんで持ち運び
折りたたんで持ち運び

重量比較

iPad Pro11インチ&Apple Pencilを取り付けた状態で、PITAKAケースとの重さ比較。

811gとWOLRD GADGETS MagFolioが約2g重いです。が、これは体感できるものではないでしょう。

ひで

重さでどちらかを選ぶことは無いですね

注目ポイント
  • 三角デザインで4つのアングルを実現
  • デザイン性の高いファブリックケース
  • 汚れや防水性能にも優れたケース
  • Apple Pencilをガッチリ保護
  • Apple純正キーボードケースにも対応

高コスパ

仕様や価格の比較

WOLRD GADGETS MagFolioの魅力は機能やデザインだけではありません。むしろ、ここまでの話だけならPITAKAケースと大きな差はないですね。

ひで

注目すべきはMagFolioのコストパフォーマンスの高さ♪

スクロールできます
製品名価格(税込)MagFlo連携4つの角度
Apple Smart Folio12,800円
PITAKA MagEZ Folio 2
& MagEZ Case 2
8,499円+8,999円
17,498円
WOLRD GADGETS MagFolio7,800円
※各製品ともにiPad Pro 11インチ用
※価格は記事執筆時点のもの

ほぼ同等の仕様を持つPITAKAケースと比べ半額以下。そして、機能に劣るApple純正の「Smart Folio」ケースと比べてもここまでの価格差が。

細かな差異など余裕で覆るレベルだね!?

デメリット|MagFolioの残念ポイント

「MagFlo」との連携でも、ケース単体での使用でも、満足度の高い「WOLRD GADGETS MagFolio」。

ですが、実際に使う中、少しばかり残念に感じる点もありました。

PITAKAスタンドで使えない

WOLRD GADGETS MagFolioはPITAKAのiPad用マグネットスタンド「MagEZ Stand」と組み合わせて使うことができません。

ひで

これは想定外でした・・

PITAKAケースの方は問題なくWOLRD GADGETSの専用マウント「MagFlo」に装着可能。もちろん、マグネットによる着脱もスムーズです。

PITAKAをMagFloに
MagFloに取り付けた様子

当然、WOLRD GADGETSの新ケース「MagFolio」の方もPITAKAのマグネットスタンド「MagEZ Stand」に問題なく取り付けできると考えていたのですが・・

MagFloは取り付けられない
PITAKAスタンドには使えない

ダメでした・・。つまり、MagFolioのインナーケースを使う限り、PITAKAスタンドが使えないという。

が、これには簡単な解決策も。

MagFolioのアウターケースはPITAKA版のインナーケースである「MagEZ Case 2」との組み合わせについては問題なし。

WOLRD GADGETSとPITAKAの組み合わせ
WOLRD GADGETSとPITAKAの組み合わせ

この組み合わせであれば、問題なくこれまで同様にPITAKA製品も使えますし、WOLRD GADGETSの専用マウント「MagFlo」でも使えます。

なので、PITAKAユーザーにとっても、アウターケース目的でWOLRD GADGETSの「MagFolio」を購入する価値は十分にあるでしょう。実際、PITAKA版アウターケース「MagEZ Folio 2」単体よりも安いです。

ひで

僕はこのPITAKA&WOLRD GADGETSの組み合わせをメインに使ってます♪

カラーはグレーのみ

個人的にはデメリットではないのですが、「MagFolio」には現状、カラー選択はグレーの1種のみ。これは気になる方もいるかもですね。

アウターケース
アウターケース

このカラーやデザインが好みじゃないなら、ちょっと手は出しづらいよね

一方、PITAKAの「MagEZ Folio 2」は「ブルー/ブラック/ホワイト」の3カラーがラインナップされています。

価格よりも好みのデザインを重視するなら、「PITAKA MagEZ Folio 2 & MagEZ Case 2」という選択肢もありでしょう。iPadマウントの「MagFlo」との組み合わせでも、ほぼ同様の感覚で使用可能です。

とは言え、「WOLRD GADGETS MagFolio」もカラーに問題なければ、デザイン性はかなりのもの。そして、コスパに関してはこちらが圧倒しているのは間違いありません。

まとめ|iPad ProユーザーはまずはMagFolioから

本記事ではWOLRD GADGETSの2in1なiPad Pro用ケース「MagFolio」をレビューしました。

MagFolioはMagFloユーザーの利便性をより高めることを目指して開発されたiPad Pro専用ケースです。

ひで

ですが、MagFloユーザー以外にも、積極的におすすめできるケースです♪

WORLD GADGETS MagFolio
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 専用マウント「MagFlo」との連携
  • 活用シーンが広がる2in1ケース
  • コネクタでApple製品との連携も!
  • ケース単体としてもハイクオリティ
  • 高品質なファブリックデザイン♪
  • 保護力抜群!ペンシルホルダー
  • 圧倒的高コスパなiPadケース
デメリット
  • PITAKA製品との相性の悪さ
  • カラー選択は1色のみ

すでに、僕と同じくPITAKAケースをお使いの方が無理して購入する必要はありません。

ですが、そんなPITAKAユーザーでも、ケースデザインのバリエーションを増やす目的で購入するのもありなくらい高コスパなことも確か。

もちろん、PITAKAユーザー以外の方にも、文句なしに自信をもっておすすめできる高機能なiPadケースです。

「WOLRD GADGETS MagFlo」の特徴
  1. MagFloにそのまま取り付けできるiPad用ケース
  2. Apple純正MagicKeyboardに対応
  3. 分離可能なインナー&アウターケース
  4. シーンに合わせて、身軽さと保護を両立
  5. 安心のペンホルダー
  6. 傷防止のマイクロファイバー仕上げ
  7. 4つの角度でiPadを立てかけ可能
  8. 自動ウェイク/スリープ機能に対応
iPadを自在に操る魔法のケース!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次