iPhone用おすすめアクセサリーまとめ

PITAKA MagEZ Folio 2 をレビュー|iPad Proを4つのアングルで活かす♪おすすめ第2世代フォリオケース

当ページにはプロモーションが含まれています。
PITAKA MagEZ Folio 2をレビュー
Flexispot 8周年記念キャンペーン開催中

電動昇降デスクをはじめ人気アイテムが最大50%OFF!

開催期間:5/25(土)00:00~05/31 (金 )23:59

どうも、ひで( @hidetoshitwitt )です。我がiPadもまだまだ活躍できるよな、と。

iPad Proはユーザによって様々な幅広い用途で活用されています。

スマホの拡大版といったシンプルな使い方から、ノートパソコンライクに、オフィス作業に、クリエイティブな作業に、コミュニケーションに、と。となると・・

ひで

iPadケースにも、iPadを護るだけにはとどまらない様々な役割が求めれるのも当然かも?

本記事で紹介する「PITAKA MagEZ Folio2」はそんな多方面な活用シーンにも対応可能なiPad Pro用の多機能フォリオケースです。

PITAKA MagEZ Folio 2
4つのマルチビューアングルで広がる活躍シーン

その結論を最初にお伝えするならこう。

ひで

これはもうApple純正のフォリオケースを超えるケースです!

PITAKA MagEZ Folio 2
総合評価
( 5 )
メリット
  • マルチビューイングによる4つのアングル
  • 特にスタンド要らずの縦置きは便利
  • 三角形構造による抜群の安定感
  • Pencilホルダーの安心感
  • マグネット式で着脱がスムーズ
デメリット
  • マグネット式ペーパーライクフィルと干渉することも
  • 耐久性は今後の課題

そんな多機能フォリオケース「PITAKA MagEZ Folio2」の使ってみた感想などをお伝えする中で、本製品の魅力やメリット&デメリット、おすすめな方などをじっくりと解説します。

こんな人におすすめ
  • おすすめのiPad Pro用ケースをお探しの
  • iPadを縦向きで使うことの多い方
  • よりストレスなくiPadを使ってみたい方 など

本記事はPITAKA様より提供の製品を使用し作成しています。記事内の一部画像は許可の元、使用しています。

目次

特徴|PITAKA MagEZ Folio 2 for 11インチ

進化したPITKAの第2世代フォリオケース

縦でも横でも安定感は抜群♪「MagEZ Folio2」は4つの角度で多用途に使える軽量パワフルなPITAKA第2世代のiPad用フォリオケースです。

「PITAKA MagEZ Folio 2」の特徴
  1. 縦横4アングルのマルチビューイング設計
  2. 折りたたみ式のApple Pencilホルダー搭載
  3. 薄型軽量のフォリオケース
  4. 三角形構造による抜群の安定感
  5. 強力なマグネットアタッチメント
  6. MagEZ Case2と併用可能
  7. 保護性の高いプレミアムPUレザー
iPad Proがさらに大活躍♪

付属品&同梱品

PITAKA MagEZ Folio 2を開封
PITAKA MagEZ Folio 2を開封
セット内容
セット内容
使用方法など
使用方法など

非常にシンプルなセット内容。取り扱い方法などは包装紙?の裏側に記載されています。

セット内容
  • MageEZ Folio2 ケース本体
  • PITAKA製品カタログ
  • 取扱説明書 等

感想|PITAKAが誇る純正超え(?)のフォリオケース

PITAKA MagEZ Folio 2 使用イメージ

ここでご紹介するMagEZ Folio2を使う前は、同じくPITAKAの先代モデル「PITAKA MagEZ Folio」を愛用していました。

この先代ケースもPITAKAならではのストレスフリーな体験を手にできる素晴らしい製品でした。ですが、今回の第2世代ケースMagEZ Folio2はその先代を遥かに凌ぐ進化を遂げています。

ひで

PITAKA MagEZ Folio2 の何が凄いのか? その使用感や魅力を4つの角度でご紹介します。

外観|先代MagEZ Folioと比較しつつ

まず目につくのがケース表面を走る独特な形状の折り目です。そして、この折り目こそがこの「MagEZ Folio2」を最高のフォリオケースにするものなんですね。

特徴的な折り目
特徴的な折り目
ひで

この折り目がスタンド時の三角形構造を生み出します。

一般的なiPadフォリオケース同様に2本の折り目が縦に走る先代フォリオケースとの比較。

Folio と Folio2
Folio と Folio2

表面の質感がマッド感のあるポリウレタン製のものからレザー感のあるものに変更されています。

プレミアムPUレザー
プレミアムPUレザー
ひで

このデザインの変化には好き好きの好みがあるかもしれませんね。

ただ、ホコリなどの汚れの付着のしづらさや汚れた際の拭き取りやすさなど、その使い勝手は明らかに第2世代のMagEZ Folio2のほうが向上しています。

先代の「MagEZ Folio」はちょっと汚れやすかったからね。

4つのアングル♪マルチビューイング設計

そして、このフォリオケースとiPad Proの可能性を大きく広げる最大の理由がこちら。

iPad Proにド安定の4つのアングルを与えることを可能にしたPITAKA MagEZ Folio2独自のマルチビューイング設計です。

マルチビューイング設計による4つのアングル
マルチビューイング設計による4つのアングル

この設計(先の独自の折り目)から来る「2つの異なる折りたたみ方」と「iPad Proの縦横2つの向き」を掛け合わせることで異なるシーンでの活躍が期待できる4つのアングルが生まれます。

マルチビューイングによる4つのアングル
  1. ウェブサーフィンに最適な横向き53°
  2. ビデオ通話に最適な横向き57°
  3. ドキュメントの閲覧に最適な縦向き62°
  4. タイピングやドローイングに最適な横向き34°

また、この独特な折り目によって作られる三角形構造によって、縦向き、横向き、いずれのアングルでも抜群の安定感を実現しています。

安定の三角形構造
安定の三角形構造

一般的なフォリオケースでも可能な横向きのスタンド状態。

横向きで使用中
横向きで使用(53°/57°)

ぱっと見た感じは普通のフォリオケースって感じだね?

横向きスタンド状態でのMagEZ Folio2の優位性はこの2つ。

  • 用途に応じた2段階の角度を作り出すことができる
  • 通常のフォリオケースや「先代Folio」と比べ安定感の大幅な向上

個人的に非常にはかどっているのがこのiPad Proの縦向きポジション。

縦向きで使用
縦向きで使用(62°)

これまではそれ用のスタンドが必須だったiPadの縦置き。ですが「MagEZ Folio2」があれば、ケースだけでこの縦置き状態を作り出すことができるんです。それもド安定。

わざわざスタンドなどを用意しなくて、ケースをサッと折りたたむだけ。デスク上のモノを減らせるのも嬉しい点。

ひで

技術書や解説書を横に置いての作業は本当に捗ります♪

「技術書や解説書」を確認しながら
「技術書や解説書」を確認しながら

早くお仕事もおしまい!にできるといいね・・・

最後はiPad Proを逆に向けてのタイピングスタイル。

タイピングスタイル
タイピングスタイル(34°)

タイピングだけでなく、Apple Pencilを使ったメモやノート書き。そして、iPad Proならではのお絵かき、イラスト作成などの際に使用するモードです。

当然、こちらも安定感はなかなかのもの。ただ、形状的に「微動だにしない!」とはならないですね。

このように別途、専用のスタンドなどを用意しなくても、いつでもその場ですぐに、その時々の活用シーンにあわせたスタイルでiPad Proを使い始めることができる。

ひで

このマルチビューイングだけでもApple純正フォリオを超えてるんじゃないかなと。

安心倍増♪ Apple Pencilホルダー

そして、これ。嬉しいことにMagEZ Folio2にはApple Pencilホルダーも搭載されています。

Apple Pencilホルダー
Apple Pencilホルダーを装備

移動中の安心感が格段に高まるね♪

もちろん、ホルダー使用時もApple Pencilの充電は問題なし。

iPad Proを使用中、ホルダーのブラブラがじゃまにならない? なんて心配も・・

邪魔にならない
邪魔にならない?

こちらもしっかり対応済み。

ケース内側にはホルダー収納用のくぼみが設けられています。

ホルダー収納用のくぼみ
ホルダー収納用のくぼみ
使用しない時は収納可能
使用しない時は収納可能

iPad Pro使用中はApple Pencilホルダーは内部に収納可能。

横向きで使用中
しっかり作業に集中できる
ひで

これでしっかり作業に集中できますね♪

ストレスフリーなマグネットアタッチメント

PITAKAといえば、強力なマグネットを活かした独自のエコシステムですよね? こちらももちろん健在です。

MagEZ Caseと併用
MagEZ Case2と併用
マグネットでしっかり装着
マグネットでしっかり装着

本製品「PITAKA MagEZ Folio2」と同じくPITAKAのiPadケース「MagEZ Case2」を併用すれば、ケースの着脱がスムーズになるだけでなく、他のPITAKA製品やApple純正のMagic KeybordやFolioKeybordとの間をストレスフリーで行き来できるように。

Pita!Flow エコシステム
Pita!Flow エコシステム

このPITAKAのPita!Flowなエコシステムについては以下の記事で解説にしていますので参考にしてください。

メリット&デメリット|PITAKA MagEZ Folio 2の気になるところ

と、PITAKA MagEZ Folio2の魅力をお伝えしましたがいかがでしょうか?

ひで

特に先代Folioから追加された4アングル対応、安定感、Pencilホルダー などは明らかに大きなメリットです♪

ただ、しばらく使っている中で、少し気になる点もでてきました。

それがこちら。

一部アクセサリーとの相性問題?

マグネット式フィルムとの相性は低下
マグネット式フィルムとの相性は低下?

上記は、絶賛愛用中のマグネット式ペーパーライクフィルムとiPad Pro。

この着脱式で気軽に使えるペーパーライクフィルムと安定感抜群なMagEZ Folio2との相性ははっきりと最高♪です。

ただ、装着位置の微妙な違いで、このフィルムが外れやすくなるポジションがあるようで。もしかすると、MagEZ Folio2の強力なマグネットが同じくマグネット式のこのフィルムに何かしら干渉しているのかも。

使用頻度が急増!耐久性は今後の課題

あともう1つ。気になるのがMagEZ Folio2の耐久性。こちらはちょっと様子見です。

このケースの登場によってiPad Proの活躍シーンは今後ますます増加することが予想できます。

となると、4つのアングルにせよ、Pencilホルダーにせよ、ケースへの負担も増加することになるのかも?

高頻度の折りたたみやPencilホルダーの使用。それがこのケースにどういった影響を与えるのか?

ひで

この点について今後、気になることなどがあれば、またこちらでお伝えします。

おすすめ!|iPadを有効活用したいならFolio2が第1の選択肢

PITAKA MagEZ Folio 2 メインイメージ

本記事ではPITAKAのiPad Pro用フォリオケースの第2弾「PITAKA MagEZ Folio2」をレビューしました。

ひで

Apple純正フォリオを超えるフォリオケースを見つけました♪

PITAKA MagEZ Folio 2
総合評価
( 5 )
メリット
  • マルチビューイングによる4つのアングル
  • 特にスタンド要らずの縦置きは便利
  • 三角形構造による抜群の安定感
  • Pencilホルダーの安心感
  • マグネット式で着脱がスムーズ
デメリット
  • マグネット式ペーパーライクフィルと干渉することも
  • 耐久性は今後の課題

Apple純正のフォリオケースを超えるフォリオケース。

デザインや質感などの好みはあれど、少なくとも使えるケースという意味では、明らかにこちら。その上、仕上がりは安定のPITAKAクオリティ。

ただ、そうなると価格の方も格安競合ケースと比べると数段上のものになってしまうのも確か。

価格ではなくクオリティで選ぶべきケースだね♪

あなたのiPad Proを護るだけじゃなく、もっと活かせるケースが欲しいなら、MagEZ Folio 2 は間違いなくあなたにおすすめできるケースです!

おすすめな人
おすすめじゃない人
  • ハイクオリティなiPadProケースをお探しの方(おすすめ!)
  • 使えるフォリオケースをお探しの方(多機能!)
  • よりストレスなくiPadを使ってみたい方(PITAKA製品の強み!)
  • 一部アクセサリーとの相性は?(強力マグネットの弊害?)
  • 耐久性は今後の課題(使用頻度は高まります!)
  • もっと安いケースは探せばいくらでも(価格より質で選ぶならこれ!)
「PITAKA MagEZ Folio 2」の特徴
  1. 縦横4アングルのマルチビューイング設計
  2. 折りたたみ式のApple Pencilホルダー搭載
  3. 薄型軽量のフォリオケース
  4. 三角形構造による抜群の安定感
  5. 強力なマグネットアタッチメント
  6. MagEZ Case2と併用可能
  7. 保護性の高いプレミアムPUレザー
iPad Proがさらに大活躍♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次