\ ポイント最大46倍! /詳細を見る

MagFlo(マグフロ)をレビュー|iPadをもっと自由に活かすWORLD GADGETSのVESAマウント

当ページにはプロモーションが含まれています。
MagFloのレビュー

どうも、ひで(@hidetoshitwitt )です。iPad Proの魅力、もっと引き出してみませんか?

ひで

いろいろ可能性は感じるけど、まだまだ活かしきれてない!?

意外と多くのユーザーさんが抱える悩みかも?

WORLD GADGETSの「MagFlo(マグフロ)」はモニターアームと組み合わせることで、iPadの自在なレイアウトを実現する iPad Pro/Air専用 Vesaマウント。

iPadの可能性を大きく広げる便利アイテムです。

セット完了

モニターアームの稼働力を活かすことで、iPadをパソコン、Macのサブモニターとして使用したり、液タブ代わりに活用したり。

強力マグネットによるiPadのスムーズな着脱や充電用のケーブルを上手に隠す工夫など、ストレスを感じさせないアイデアもMagFloの大きな魅力。

ひで

実際、MagFloを導入してからは、iPad Proの使用時間は大きく増えています♪

iPadをもっと自由に! これが「MagFlo」の最大のコンセプト。

本記事では「WORLD GADGETS MagFlo(マグフロ)」の特徴や機能、実際に使ってみた感想、競合製品との比較などをじっくりレビューします。

MagFlo(マグフロ)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • iPadを自在にレイアウト
  • iPadの活用の幅が大きく広がる
  • iPadのスムーズな着脱
  • ケーブルをスッキリ整理
  • 使っていないときにも映えるデザイン
デメリット
  • 良くも悪くもモニターアームに依存
  • マグネット着脱には注意も
  • 導入にはそこそこのコスト

本記事はWORLD GADGETS様より製品を提供していただき作成しています。一部の画像は許可の元、使用しています。

目次

特徴|MagFlo iPad Pro/Air専用 Vesaマウント

スクロールできます
MagFlo
MagFlo
自由なレイアウト
自由なレイアウト
高品質なアルミニウム
高品質なアルミニウム
ケーブルもすっきり
ケーブルもすっきり
シリコンで保護
シリコンで保護
強力磁石
強力磁石
製品内容
製品内容

MagFlo(マグフロ)」は好みのモニターアームと組み合わせることで、iPadをサブモニターや液タブなどのように自由で柔軟なレイアウトを可能にするマグネット搭載のVESAマウント。あなたのiPadをもっと自由に活かし切るために。

「MagFlo」の特徴
  1. 12.9 / 11インチのiPad Pro & Airに対応
  2. モニターアームと組み合わせてiPadを自在にレイアウト
  3. iPadがサブモニターや液タブに
  4. 高品質なアルミをベースに重厚感あるデザイン
  5. 強力マグネットで安定感とスムーズな着脱
  6. コの字コネクタで充電ケーブルをマネジメント
  7. 接地面にシリコンを採用しiPadを保護
iPadをもっと自由に!

付属品&同梱品

MagFloセット内容
MagFloセット内容
セット内容
  • MagFlo 本体(マグネティックボード)
  • 専用ネジ&ワッシャー×各6個
  • コの字コネクタ

MagFlo(マグフロ)のセット内容は極めてシンプル。説明書は付属していませんでした。

この「コの字コネクタ」が効いてくるね!(詳細は本文で)

製品仕様|WORLD GADGETS MagFlo

ブランドWORLD GADGETS
製品名称MagFlo(マグフロ)
サイズ12.9インチ用:14.5 x 26.5 x 0.5cm
11インチ用:13.7 x 24.0 x 0.5cm
重量12.9インチ用:14.5 x 26.5 x 0.5cm
11インチ用:13.7 x 24.0 x 0.5cm
素材アルミニウム合金、シリコン、ネオジム磁石N52
カラーグレー
対応端末12.9インチ:iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)
11インチ:iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)および11インチiPad Air(2020, 2022年式)
コネクタ
端子
USB C to C
コネクタ
最大W数
100W
コネクタ
転送速度
最大10Gbps
備考※モニターアームは付属しません
MagFlo

MagFlo購入に際しての注意事項

MagFloの購入に際してはWORLD GADGETS公式より対応機種などについての注意喚起が出ています。事前にご確認を。

確認事項
  • 対応機種の件(2018年移行に発売されたiPad Pro&Airのみ)
  • モニターアームの件(重量、対応ケースなど)

使用するモニターアームやMagFloに対応するケースについては、以下、本文内にても言及しています。あわせてご確認ください。

レビュー|MagFlo(マグフロ)の可能性

お手持ちのモニターアームとタッグを組むことで、iPadの活用の幅を大きく広げてくれる「MagFlo(マグフロ)」。

注意点なども交えつつ、MagFloを使っての感想や上記に挙げた特徴や機能などを紹介します。

MafFlowの注目ポイント
  • MagFloのセッティング
  • おすすめのモニターアーム
  • iPadの自在なレイアウト
  • iPadのスムーズな着脱(注意点あり)
  • 「コの字コネクタ」でケーブル整理
  • デスク上でも映えるデザイン など

モニターアームへの取り付けと注意点

MagFlo取り付けイメージ

MagFloのセッティングは簡単そのもの。

MagFloのセッティング
  1. 付属のネジ&ワッシャーで本体ボードをアームに固定
  2. iPadをマグネットで吸着
  3. モニターアームの保持力(ガス圧など)調整

専用ネジでモニターアームに取り付けるだけ

ただ、注意点もありますので、少し詳しく解説します。

MagFlo本体のマグネティックボード裏面には8つのネジ穴。「VESA 100x100mm、75x75mm」に対応しています。

Magflo 本体プレート裏面
本体プレート裏面

付属の専用ネジとワッシャーを4セット使用し、モニターアームにMagFloを固定します。

専用ネジで固定
専用ネジで固定
ひで

アーム頭部を取り外せるモニターアームなら、より簡単に作業が進みます♪

Magfloをモニターアームへ取り付け
Magfloをモニターアームへ取り付け

iPadはマグネティックボードに内蔵された強力磁石(ネオジム磁石N52)によって取り付け。スムーズな着脱を可能にします。

強力磁石でiPadを吸着
強力磁石でiPadを吸着

モニターアームは本来はより大きなディスプレイを支えるための製品です。軽量なiPadで使用する際には、ガス圧の調整などで、アームの保持力を落とす必要があります。

アームのガス圧を調整
アームのガス圧を調整

ということで、アームの状態を見ながら、アームの保持力を最大まで緩めてみます。

が、ここでトラブル発生!?

用意したモニターアームの保持力を最大限に緩めても、アームを下げた状態が維持できず。

このモニターアームだと、「iPad Pro 11インチ&MagFlo」の組み合わせでは軽すぎる様です。

下がらない!?
下がらない!?
MagFloの重量
  • 12.9インチ用:480g
  • 11インチ用:350g

実際は競合製品よりも一回り重く設計されているんだけどね

万が一、重さが足りない場合、以下のような重量のあるアイテムを間に噛ますなどの工夫で対象する必要がありそうです。

ひで

でも、ワクワクで出迎えたMagFlo。ここで待ってはいられません。

急きょ、隣のデスクで27インチモニターを支えていたモニターアームと入れ替えることに。

モニターアームの入れ替え
モニターアームの入れ替え

結果、モニターアームの頭もしっかりと下げきった状態を維持できるように。一安心。

問題なく稼働

というように、(特に11インチユーザーは)使用するモニターアームの選択には注意したほうが良さそうです。

この後、11インチiPadでも使用可能なモニターアームも紹介します。

ひで

ということで、無事にMagFloセット完了です♪

セット完了
MagFloセット完了
iPadの取り付け
iPadの取り付け

すでに手元にモニターアームがある方は、まずはそちらで試してみることをおすすめします。ほとんどの場合、大丈夫なはず。

一方、これからモニターアームを購入するのであれば、以下を参考に。

MagFloにおすすめのモニターアームは?

今回、入れ替えで使用したのが以下のHUANUO製モニターアーム。

5000円以下とリーズナブルな製品ながら、約4年間にわたり「27インチの大きなディスプレイ」を支え続けてもビクともしない信頼性の高いモニターアームです。

ひで

少しでも購入価格を抑えたい方にはおすすめ♪

WORLD GADGETS公式をはじめ、先行モニターの方の多くは人気の高級モニターアーム「エルゴトロン LX」を使用している模様。

実際に11インチユーザーの「家活男子のススメ(@idnosusume)」さんに試していただきました。(ありがとうございます!)

iPad Pro 11インチで試していただいた様子

iPadを自由自在にレイアウト

イラスト

ここまでくれば、後はもうグリグリとモニターアームを動かして、MagFlo&iPad Proを好きな場所に、好きな高さで、好きな角度にレイアウトするだけです。

iPadをMacのサブモニターに。

サブディスプレイ

iPadをメインモニターに据えるのもありですね。小さな画面には集中力を高める効果も。

メインディスプレイ

意味なく?時計アプリを立ち上げてみたり。

スタンド

手持ちのモニターと組み合わせることで、iPadを柔軟にレイアウト。

あなたならどんな風にiPadを使いますか?

MagFloがその可能性を大きく広げてくれるはず。

強力磁石で安定&スムーズな着脱

MagFlo(マグフロ)へのiPadの取り付けは、内蔵する強力なネオジム磁石N52を利用。

ひで

クリップなどでデバイスを挟み込む必要がなく、非常にスムーズに着脱可能♪

そのため、基本、iPadはケースから取り出し、裸の状態で使用する必要があります。

ただし、マグネット内蔵の一部のケースであれば、装着したままの取り付けも可能。例えば、僕はPITAKA の「MagEZ Case2」を使用。もちろん、しっかり安定ます。

PITAKA製ケース
PITAKA製ケース「MagEZ Case2」

また、現在、WORLD GADGETS公式でも、専用のマグネット内蔵ケースを開発中とのこと。こちらも続報が入り次第、紹介できればと思います。

ひで

ストレスなくiPadを着脱できる♪ これもMagFloの大きな魅力

でも、その取り扱いには注意点も!

iPadを取り付ける際は、この様にカメラがMagFloから露出する形になります。

カメラ部分を露出
カメラ部分を露出

そのため、下の赤枠部分に触れてアームを動かそうとすると、iPadが脱落してしまう可能性も。

危険ゾーン
危険ゾーン
ひで

初日はヒヤッしたことも。ここは危険ゾーンです。

iPadを掴んでアームを動かす際には、必ず以下の「安全ゾーン」に触れる様にしてください。

安全ゾーン
安全ゾーン

コの字コネクタでケーブルをスッキリ隠す

目につく充電ケーブル
目につく充電ケーブル

充電中のiPadから垂れ下がるケーブル。視界に入るのはあまり気持ちの良いものではありません。

そこで活躍するのが付属の「コの字コネクタ」。

コの字コネクタ
コの字コネクタ
ひで

これがiPadまわりをスッキリと整理してくれる優れもの♪

コの字コネクタを使用する様子

充電の際は、間にこのコネクタを噛ますことで、充電ケーブルをiPadの背面に流すことができます。

垂れ下がる邪魔なコードが目に入らない!

ケーブルをスッキリと整理してくれる「コの字ケーブル」。ちょっとしたギミックなのですが、かなり効いてくるアイテムです。

また、このコネクタを付けることで、先の「うっかり脱落」防止のためのちょっとしたストッパーとしても機能します。(ただし、過信は禁物。あくまでもオマケとして。)

使わないときも映えるデザイン

映えるデザイン
映えるデザイン

MagFloは言ってみれば、モニターアームにiPadの取り付けという新たな機能を追加するためのアイテム。そのため、iPadを使用していないときも、デスク上にはその姿がのぞきます。

ひで

高級感あるアルミ素材をベースとするMagFloはデスク上でもしっかり映えるデザインに♪

そのため、iPadを使用していない時も、視覚的に邪魔に感じることはほぼありません。

メリット&デメリット|MagFloの注目ポイント

一部、気になる点はあるものの、MagFloの導入でiPad Proの利便性や快適さが大きく向上したことは間違いありません。

ひで

繰り返しになりますが、格段に増えたiPadの使用時間がその恩恵を物語ってます♪

そんなMagFloのメリット&デメリットをあらためて整理します。

メリット

WORLD GADGETS MagFlo(マグフロ)の主なメリットはこの5つ。

メリット
  • iPadをデスク上で自在にレイアウト
  • iPadの活用の幅が大きく広がる
  • iPadのスムーズな着脱
  • ケーブルをスッキリと整理できる
  • 使っていないときにも映えるデザイン

まずは自在なレイアウトによる、利便性や活用の幅の拡大こそが最大のメリット。

同時に、iPadのスムーズな着脱やケーブルのマネージメント、高いデザイン性など、ユーザーのストレスを軽減する仕掛けや工夫も大きな魅力。

デメリット

ただ、MagFloにはいくつか注意点も。

デメリット
  • 良くも悪くもモニターアームに依存
  • マグネットへの過信には注意
  • 導入にはそこそこのコストが掛かる

MagFloは、ある種「モニターアームの拡張パーツ」です。その利便性や使用感などは、モニターアーム次第とも。

より良い体験を期待するなら、MagFloだけでなく、モニターアームの方も、より良いの製品を選びたいですね。

MagFlo導入時には、そこそこの出費が必要になることも!?

とは言え、出費は極力抑えておきたいのが本音。

公式HPだけでなく、Amazonのセール情報などは意識しておきたいものですね。

MagFlo対応の新たな専用ケースも登場

MagFolio

WOLRD GADGETSよりMagFloのために作られた新しいiPad Pro用ケースが登場しました。

自宅でも、お出かけ先でも、様々な活用シーンでもっと便利にiPadを使いたい! そんなあなたはぜひチェックしてみてください。

比較|競合製品との違いは?

本記事で紹介しているMagFloの他にも、いくつかのiPad用アーム/スタンドを使用しています。

MagFloのメリット/デメリットを踏まえた上で、本製品と競合となりそうな2つの製品との比較してみます。

MagFloのライバル?
  • Xlayout X-Arm
  • Pitaka MagEZ Charging Stand
ひで

あなたが必要なのはどのアイテムですか?

vs. Xlayout X-Arm

X-Armの概要

iPadをデスク狭しと縦横無尽に動かすなら、断然「MagFlo」がおすすめです。一方、デスクサイドの限られたスペース内でグリグリとiPadを動かすなら、小回りがきく「X-Arm」が有利です。

ひで

限られた範囲であれば、よりグリグリ思い通りに動くのがX-Armです♪

僕も様々な作業をこなす作業デスクでは「MagFlo」を、サイドデスクのノートPCの横には「X-Arm」を配置、といった形で使い分けています。

スクロールできます
製品名MagFlo X-Arm
ブランドWORLD GADGETSXlayout
可動範囲広い狭い
機動性自由自在小回りが効く
モニターアーム必要不要
iPadの着脱スムーズやや面倒
iPadの充電コの字コネクタ
通常価格7,800円/8,800円7,980円
現在価格公式サイト公式サイト
備考専用ケースも登場5%オフクーポン
hide584
Xlayout X-Armとの特徴比較
※価格は標準価格/記事執筆時点のもの

vs. Pitaka MagEZ Charging Stand

MagEZ Charging Stand

「Pitaka MagEZ Charging Stand」は先の2製品とは違い、iPad用のタブレットスタンドです。グリグリとiPadをコントロールする点では先の2つ劣ります。

一方で屋内であれば、様々な場所に持ち運びできるのは本製品のメリットの1つ。

MagFloとの類似点は、強力なマグネットによるスムーズなiPadの着脱。ここはPITAKA の方が先輩。

そして何より、同じくPITAKA の「MagEZ Case Pro」と併用することでiPadを「ワイヤレス充電対応化」できる点は他には無い大きなメリットです。

ひで

iPad用充電スタンドとしては、現存するどの製品よりも完成度が高いと言えますね♪

スクロールできます
製品名MagFlo MagEZ
ブランドWORLD GADGETSPITAKA
可動範囲広い
機動性自由自在持ち運べる
モニターアーム必要不要
iPadの着脱スムーズかなりスムーズ
iPadの充電コの字コネクタワイヤレス充電対応
通常価格7,800円/8,800円7,980円
現在価格公式サイトAmazon
備考早期購入
キャンペーン
MagEZ Case Pro
専用スタンド
Pitaka MagEZ Charging Standとの特徴比較
※価格は標準価格/記事執筆時点のもの
ひで

以下はiPad充電機能未搭載の先代モデルのレビュー記事です

おすすめなのはこんな人

MagFlo、X-Arm、MagEZ Charging Stand。それぞれオススメなのはこんな方。

  • iPadを自由自在に動かしたいなら「MagFlo」がおすすめ
  • iPadを手元でコントロールしたいなら「X-Arm」がおすすめ
  • iPadをもっと手軽に充電したいなら「MagEZ Charging Stand」

Q&A|MagFloに関してのよくある質問など

モニターアームは付属しますか?

いいえ。別途、モニターアームをご用意ください。

1つの製品で12.9インチ/11インチのiPadを共用できますか?

いいえ。各サイズ専用のMagFloをご購入ください。同じサイズであれば、複数のiPadで共用可能です。

MagFlo取付時にApple Pencilの使用は可能ですか?

はい。マグネットの吸着力などは問題ありません。ただし、ペンシル使用中の安定感はお使いのモニターアームにより異なります。

ひで

他にもMagFloへの質問があれば、僕のTwitterまでどうぞ♪

まとめ|iPadユーザーの発想をもっと自由に

映えるデザイン

本記事ではiPadをもっと自由に!活用するためのマグネット内蔵VESAマウント「WORLD GADGETS MagFlo(マグフロ)」をレビューしました。

MagFloと好みのモニターアームを組み合わせることで、iPadの自在なレイアウトを可能にする。

ひで

MagFloにiPadの新たな可能性を見いだせたあなたには「買い♪」と言えるアイテムです

MagFlo(マグフロ)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • iPadを自在にレイアウト
  • iPadの活用の幅が大きく広がる
  • iPadのスムーズな着脱
  • ケーブルをスッキリ整理
  • 使っていないときにも映えるデザイン
デメリット
  • 良くも悪くもモニターアームに依存
  • マグネット着脱には注意も
  • 導入にはそこそこのコスト

専用ケースなど関連アイテムが登場したことで、その評価も一段上がった印象です。

想像してみてください。より自由になったiPad。

どうです? ワクワクしてきませんか?

そのワクワクを実現してくれるのがあなた愛用のiPadとこの「MagFlo」なんじゃないでしょうか?

「MagFlo」の特徴
  1. 12.9 / 11インチのiPad Pro & Airに対応
  2. モニターアームと組み合わせてiPadを自在にレイアウト
  3. iPadがサブモニターや液タブに
  4. 高品質なアルミをベースに重厚感あるデザイン
  5. 強力マグネットで安定感とスムーズな着脱
  6. コの字コネクタで充電ケーブルをマネジメント
  7. 接地面にシリコンを採用しiPadを保護
iPadをもっと自由に!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次