\ 最大8%ポイントアップ! /詳細を見る

EPOMAKER TH21 レビュー|左手デバイスとして生産性向上に貢献!プログラマブルな多機能テンキー

当ページにはプロモーションが含まれています。
TH21
Audible 2ヶ月無料キャンペーン 開催中!

開催期間:5月9日(木)23:59 まで

Audible会員は対象作品が聴き放題♪

どうも、ひで( @hidetoshitwitt )です。テンキーは左手デバイスに!

本記事でレビューするEPOMAKER TH21 はプログラマブルな20%キーボード。要は21キーの多機能テンキーです。

現在、我が左手デバイスとして絶賛活躍中のEPOMAKER TH21

作業性アップに直結するかなり便利なアイテムであることは確か。

ひで

ただ、興味をもったきっかけはTwitterで見かけたその愛らしいデザイン。まさに一目惚れでした♪

デザインに一目惚れ
デザインに一目惚れ♪

各キーに登録した、ショートカットやアプリランチャー、マクロなど工夫次第ではあるのでしょうが、すでに生産性は爆上がり。ただ、少しばかり弱点があるのも確か。

ひで

ハードは100点、ソフトは80点。そんな感じの左手デバイスです。

EPOMAKER TH21
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • デザインに一目惚れ♪
  • 打鍵感もよし♪
  • 左手デバイスとして活躍中♪
デメリット
  • レイヤー切り替えはソフトからのみ
  • マクロ機能にもう一声欲しいかも
  • 専用ソフトに若干の不安定さ(Mac)

本記事ではメリット・デメリットを交えつつ、本製品「EPOMAKER TH21」の魅力をお伝えします。

こんな人におすすめ
  • コスパに優れた左手デバイスが欲しい方
  • コンパクトなキーボードをお使いの方
  • 性能だけでなくデザインにもこだわりたい方 など
目次

特徴|21キープログラマブルキーボード EPOMAKER TH21

EPOMAKER TH21イメージ
EPOMAKER TH21

ホットスワップ対応のメカニカルテンキー「EPOMAKER TH21」。専用ソフトウェアEPOMAKER Driverを使用することでRGBバックライトやキーセット、マクロなどの機能を各キーに設定可能なプログラマブルキーボードです。

「EPOMAKER TH21」の特徴
  1. 21キーの多機能テンキー
  2. 各キーに機能を設定プログラマブルキーボード
  3. ホットスワップ対応
  4. プレミアムGateron-Proスイッチ採用
  5. MDAプロファイル キーキャップ
  6. 耐久性の高いPBTキーキャップ採用
  7. RGBバックライトシステム
そして、最高のデザインも♪

付属品&同梱品

外箱からしてかわいい
外箱からしてすでに可愛い
セット内容
セット内容
セット内容
  • キーボード本体
  • キーキャップ・スイッチプーラー
  • USB A-C ケーブル
  • 取扱説明書 等
ひで

好みの打鍵感に応じたキースイッチも選択可能。今回は赤軸を選択しています。

裏面
裏面

テンキー本体の角度調整機能などは備わっていません。とは言え、オーソドックスな高さ&角度なので問題はないでしょう。

角度調整のギミックはなし
角度調整のギミックはなし

本体裏面のUSBポート。(TH21は有線キーボード)

USB-Cポート
USB-Cポート

Macへの接続はモニターのUSBを介しています。そのため、USBケーブルは付属のものではなく、より取り回しに有利なカールコード式のものを使用しています。

カールコード式ケーブル
カールコード式ケーブル
ひで

お手軽価格のケーブルですが、その取り回しなど使い勝手は良いですよ。

製品仕様|EPOMAKER TH21

ブランドEPOMAKER
製品名称EPOMAKER TH21
キー数21キー
キーキャップ素材PBT
パワー5V≦500MAH
重量約250g
サイズ88×133.5×51 mm
生産Made in China
備考ホットスワップ/RGB SMDバックライト
EPOMAKER TH21

感想|好デザイン&良機能をあわせ持つ生産性向上アイテム♪

TH21イメージ

一瞬にして欠かすことのできない「左手デバイス」の座を確保したEPOMAKER TH21

本製品は搭載する21個のキーにキーコンビネーションやマクロなど様々な機能をもたせることができるプログラマブルキーボードです。

ここからは「デザイン・左手デバイス・専用ソフト&設定」の3つの要素から本製品の魅力に迫ります。

でも、残念な点もあるんだよね・・・。

デザイン最高!HHKBのお供にも♪

HHKBと並べて置きたい
HHKBと並べて置きたい

もうとにかく可愛い。一目惚れ。これがEPOMAKER TH21に対するファーストインプレッション。

ひで

100%どストライクなルックスでした♪

このテンキーをTwitterで見かけた瞬間、以下のようにHHKBの左手で働くこのキーボードの映像が浮かんできたんです。

左手デバイスとして
左手デバイスとして

いや、マジ、可愛くないですか?

ファンクションキーを搭載しないHHKBと比較すると縦幅の違いは大きいです。(一般的なキーボードにマッチするサイズ感)

HHKBとのサイズ比較
HHKBとのサイズ比較

角度や高さはピッタリではないものの、バランスは悪くありません。HHKBはスタンド(小)を立てた状態。

角度と高さ
角度と高さ

実際はHHKBとピッタリ並べて使うことはないけどね。

本来はEPOMAKERの同じ「Theoryシリーズ」であるTH80のようなキーボードとの組み合わせを想定したものなのでしょう。

ですが、この様にHHKBとの相性も悪くない、というか非常に良いと思うのですがいかがでしょうか?

ひで

こっちのキーボードも可愛いですけどね。

プログラマブル|テンキーを左手デバイス化

もちろん、EPOMAKER TH21の購入動機はデザインだけではありません。

あくまでも主目的は、日々の生産性、作業性に直結する左手デバイスとして活用することです。

左手デバイスとして使用中
テンキーを左手デバイスに

そして、その目論見は大正解! 間違いなく日々の作業性アップに貢献してくれています。

現状、テンキーとしてではなく、各キーに複数の機能を登録し、以下の3つの用途で使用しています。

  • キーコンビネーション(ショートカットキーの代用)
  • マクロ(キー入力の記録と再現)
  • アプリランチャー(よく使うアプリを1クリックで起動)

プログラマブルなキーボードとしての本領発揮だね!

ひで

アプリランチャーはMacの「ショートカット」アプリと組み合わせて設定することで登録可能です。

ショートカットとの連携でアプリランチャーに
ショートカットとの連携でアプリランチャーに

EPOMAKER Driver|ソフト面には課題あり!?

EPOMAKER Driver(メイン画面)
EPOMAKER Driver(メイン画面)

上記で挙げたキーコンビネーション、マクロ、アプリランチャーなどの機能の設定は専用ソフト「EPOMAKER Driver」から行います。

以下は各キーに様々な機能を割り当て(リマップ)していく様子。

以下は通常時の状態。すでにほとんどのキーに新たな機能が登録されています。

各キーに機能を設定
各キーに機能を設定

リマップの状況は各キーに反映されたカラーで確認できます。

各キーの設定状況

赤色:設定不可(固定の機能が設定されているキー)

水色:新たな機能が設定されたキー

白色:新たな機能が未登録のキー(刻印通りのキーとして機能)

以下はFnキーを押した状態での割り当て状況。

Fnキー押下時のキー登録
Fnキー押下時のキー登録

Fnキーを押した状態/押さない状態、それぞれに機能を登録できるんだね。

上記では、「7・8・9・0」に新たな機能が割り当てられています。

Fnキーとのコンビネーションにはすでに多くの固定機能が登録されているのがわかりす。(赤色部分)こちらは後ほど紹介するRGBバックライトを操作するための固定機能が設定されています。

今のところ、以下のようなマイルールで機能の割り当てを行っています。

  • Fnを押さない状態:キーコンビネーション(ショートカットキー)/アプリランチャー
  • Fnを押した状態 :マクロ

以下は各キーに「Ctr+Z」のようなショートカットを設定する様子。

ショートカットキーの登録
ショートカットキーの登録

同じく各キーに記録済みのマクロを設定する様子。

マクロの登録
マクロの登録

マクロ機能とは1クリックで特定のキー操作を再現する機能のこと。頻繁に繰り返すようなキー操作の効率が格段にアップするよ!

モザイクが多く分かりづらいかもですが、キー操作(マクロ)を記録&編集する様子。

マクロの記録&編集
マクロの記録&編集

こちらの画面ではキー入力とキー速度の記録や編集を行います。オーソドックスなマクロ機能ですね。

ひで

マクロ機能についてはあともうひと工夫、+αな機能が欲しかったな、と。

このような流れで21個のうちFnキーを除いた20個のキーに何かしらの機能を登録できます。

また、EPOMAKER TH21では上記のようなキーマッピングを4つのレイヤーで保存可能

4つのレイヤー
4つのレイヤー

この21個のキーのマッピングを4パターン登録できるということだね。

例えば、各レイヤーに以下のような役割をもたせ、状況に応じて切り替えて使い分けできます。

  1. Layer_1:汎用のキーマッピング(普段使い)
  2. Layer_2:初期設定のまま(テンキーとして使用)
  3. Layer_3:アプリAに特化したマッピング
  4. Layer_4:アプリBに特化したマッピング

ただ、このレイヤー機能には1つ残念な点が・・。

ひで

それはレイヤーの切り替えはEPOMAKER TH21本体からは不可能だということ。

キーボードからの切替方法、いろいろ探ってみたのですが発見できず。現状、レイヤーの切り替えは専用ソフト「EPOMAKER Driver」を立ち上げて行う必要がある模様。

これが、例えば「Fnキー+1〜4キー」などで切り替えできると便利なんですけどね。

バックライトの設定もこちらのソフトから行います。

バックライトの設定
バックライトの設定

ダイナミックRGBによるバックライトの演出パターンは16種。それぞれ、スピード、明るさ、カラーの変更なども設定できます。

ただ、バックライトはあまり触っていないです。

RGBバックライトの操作
RGBバックライトの操作

まとめ|手軽に左手デバイスを導入したい方にもおすすめです♪

本記事ではデザイン性&機能性&価格の3要素を高次にバランスする多機能テンキー「EPOMAKER TH21」をレビューしました。

ひで

見た目から入ったキーボードですが、今や僕の左手には欠かすことのできない作業性アップに直結するアイテムです♪

EPOMAKER TH21
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • デザインに一目惚れ♪
  • 打鍵感もよし♪
  • 左手デバイスとして活躍中♪
デメリット
  • レイヤー切り替えはソフトからのみ
  • マクロ機能にもう一声欲しいかも
  • 専用ソフトに若干の不安定さ(Mac)

より高額&本格的な本物の(?)左手デバイスと比べるとできることは限定的。

ですが、この価格でこれだけ活躍してくれるなら、僕としては言うことなし。まさに高コスパ。

ひで

そして、何よりも可愛いです♪

カッコいい左手デバイスに憧れはあるけど、価格的にちょっと手が出しづらい・・。そんな方にはぜひともチェックしてもらいたいおすすめ度の高い多機能テンキーです。

こんな人におすすめ
  • コスパに優れた左手デバイスが欲しい方
  • コンパクトなキーボードをお使いの方
  • 性能だけでなくデザインにもこだわりたい方 など

今回は主にデザイン&左手デバイスとしての有効性という側面からまとめてみました。

その他にもホットスワップ対応や高耐久なPBT素材のキーキャップ採用などは頻繁に取り外し、付け替えなどを行うメカニカル派の方にとっても大きなメリットなんじゃないでしょうか。

本製品は今回選んだ「赤軸」だけでなく、複数のキースイッチが選択可能。

また、カラー違いの製品もラインナップ。今度はテンキー用として購入することも検討したいですね。

「EPOMAKER TH21」の特徴
  1. 21キーの多機能テンキー
  2. 各キーに機能を設定プログラマブルキーボード
  3. ホットスワップ対応
  4. プレミアムGateron-Proスイッチ採用
  5. MDAプロファイル キーキャップ
  6. 耐久性の高いPBTキーキャップ採用
  7. RGBバックライトシステム
そして、最高のデザインも♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次