iPhone用おすすめアクセサリーまとめ

VOLTME Revo 30 EVO をレビュー|超薄型ボディでどこでも使える!?コンパクトな30W PD急速充電器

当ページにはプロモーションが含まれています。
VOLTME Revo 30 EVO
Flexispot 8周年記念キャンペーン開催中

電動昇降デスクをはじめ人気アイテムが最大50%OFF!

開催期間:5/25(土)00:00~05/31 (金 )23:59

どうも、ひで(@hidetoshitwitt )です。

ここ最近、目にする機会が増えると同時に気になっていたのが、充電器まわりのアクセリーメーカー「VOLTME」さん。

ひで

そんな中、VOLTMEさんのTwitterキャンペーンに当せん♪ 初のVOLTME製品を試す機会を頂きました

本記事で紹介する「VOLTME Revo 30 EVO」は超薄型デザインながらも、幅広い用途での活躍が期待できるPD対応の30W急速充電器。

VOLTME Revo 30 EVO 使用イメージ

注目はUSB PD対応の30W USB急速充電器の中では世界最薄とされるその薄さ(1.36cm)。

コンパクトさを謳う充電器はもはや珍しいものではありませんが、この薄さについてはなかなかの感動レベル。あらゆるところで邪魔にならない充電器です。

ひで

持ち運びに用途でも、リビング隅の狭い場所での使用でも、力強く活躍してくれます♪

一方で、その幅広い用途ゆえにちょっと悩むこともあったりと。

本記事ではVOLTME Revo 30 EVOを使ってみた感想を中心に、その特徴やメリット&デメリットをじっくりとレビューします。

VOLTME Revo 30 EVO
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 収まりの良い世界最薄クラスのボディ♪
  • 狭い場所でも外出先でも幅広く活躍♪
  • iPhoneからMacBook Airまで幅広い対応デバイス♪
  • 手に取りたくなるこだわりのデザイン♪
  • 高品質な充電ケーブルが付属♪
デメリット
  • 用途に悩む(贅沢な悩み)
  • 発熱はそこそこ
  • 1ポートで足りるかどうか?

本記事は紹介する「Revo 30 EVO」はTwitterキャンペーンにてVOLTME様より頂いた賞品です。

目次

特徴|世界最薄クラスのコンパクトなPD充電器

スクロールできます
Revo 30 EVO
Revo 30 EVO
世界最薄
世界最薄
USB PD 急速充電
USB PD 急速充電
次世代のGaNテクノロジー
次世代のGaNテクノロジー
幅広い互換性
幅広い互換性
安心保証
安心保証

VOLTME Revo 30 EVO」は次世代のGaNテクノロジーとVOLTMEの持つ技術力を組み合わせ、USB PD対応の30W急速充電器の中で世界最薄クラス約13.6mmのスリムデザインを実現。外出時でも自宅でのリビングまわりでも活躍します。

「VOLTME Revo 30 EVO」の特徴
  1. 1.36cm!超薄型デザイン
  2. 折りたたみ式プラグ採用
  3. 持ち運びも設置場所も安心♪コンパクト設計
  4. PD対応の30W急速充電器
  5. 高耐久・60W PD対応するUSBケーブル付き
  6. 独自技術による安全充電&PSE認証
  7. 18ヶ月+6ヶ月の長期間のメーカー保証1
世界最薄クラスの急速充電器!

付属品&同梱品

セット内容
セット内容
セット内容
  • Revo 30 EVO 充電器本体
  • USB C-Cケーブル(1m)
  • 取扱説明書
  • 予防と注意カード
USBケーブル
付属のUSBケーブル

嬉しかったのはこの長さ1m、60w対応のUSB-C充電ケーブル。

ひで

編み込みタイプの見た目にも高品質なケーブル。耐久性にも期待したいですね♪

VOLTMEとは?

VOLTMEは複数の有名メーカーに製品を提供するなど、充電分野ですでに20年以上の実績を持つ大手製造元が立ち上げた独自ブランド。「革新技術を推進し、お客様により楽しく、より快適で、より創意工夫に溢れた製品・サービスを提供する」ことを目指しています。

製品仕様|VOLTME Revo 30 EVO

ブランドVOLTME
製品名称Revo 30 EVO
出力最大30W
サイズ‎6.8 x 1.36 x 4.2 cm
重さ約49g
カラーブラック/ホワイト
付属品USB C-Cケーブル(1m・3A・60w出力)
生産Made in china
備考PSE認証済み・24ヶ月メーカー保証
VOLTME Revo 30 EVO

製品チェック|VOLTME Revo 30 EVO

VOLTME Revo 30 EVO イメージ

マッドな仕上げながらも、ボディ(とパッケージ)に刻まれた丸いくぼみが印象的なデザインのVOLTME Revo 30 EVO

まずはその外観を中心にチェックしていきます。

Revo 30 EVOのチェックポイント
  • 軽量&コンパクト
  • 超薄型
  • 折りたたみ式プラグ
  • デザイン性

外観

Revo 30 EVO本体表面に刻まれる丸いくぼみはブランドイメージとして使用されているとのこと。

サイズ(超薄型&コンパクト)

コンパクトで超薄型のVOLTME Revo 30 EVO。手にした瞬間、衝撃を感じました。

いつもポケットに収まっているAirPods Proケースとの比較。

AirPods Proと
AirPods Proと

重さは実測で50g。持ち歩いていても、AirPods Pro以上に存在を感じません。

そして、圧巻なのが「世界最薄」が謳われるこの薄さ(13.6mm)。

AirPods Proのケースよりさらに薄いiPhone12 miniと比べても遜色なし。

iPhone12 mini
iPhone12 miniと

感想|世界最薄クラス!コンパクトなPD充電器の実力は?

VOLTME Revo 30 EVO 使用イメージ

VOLTME Revo 30 EVOは非常に魅力的なコンパクト充電器。ではあるのですが、同時にシンプルなガジェットの1つに過ぎないのもまた確か。

なので、最初はサクッと充電性能の検証だけしてレビュー記事にしてしまおう、くらいに考えていたのですが・・

ひで

いざ、本製品を手にとってみるとちょっとした悩みが発生!?

実際にレビュー記事に着手するまでに2週間ほどの時間が生じてしまいました。その訳はと言うと・・。

幅広い用途

実のところ、「VOLTME Revo 30 EVO」の使い道には少々悩みました。贅沢な悩みではありますが。

世界最薄クラスを活かす

VOLTME Revo 30 EVOは狭いスペースでこっそり活躍すべき充電器?

VOLTME Revo 30 EVOの一番の魅力はなんといってもこの薄さ。

世界最薄クラス
世界最薄クラス

壁コンセントに差し込んだ際には、下側にケーブルを流せる構造になっているのもRevo 30 EVOの特徴の1つ。

ケーブルは下方に流せる
ケーブルは下方に流せる

なので、製品ページで本製品の特徴をチェックした際にはこんな感じで、壁際の家電の裏側の狭いスペースで活躍してもらおうかなと考えていました。

家電裏で活躍!?
家電裏で活躍!?
ひで

狭いスペースでも無理なく活躍できる♪ これは間違いなくRevo 30 EVOの大きなメリット

高い携帯性を活かす

Revo 30 EVOは毎日持ち運んでこそ活躍する充電器?

ですが、VOLTME Revo 30 EVOを手にした瞬間、その考えは覆ることに。

軽量コンパクト
軽量&コンパクト

いざ、実物を手にしてみると、その薄さ&コンパクトさ、そして、軽量さは想像以上。

ひで

思わずニヤけてしまったレベルw

さらには、コンパクトなボディにもかかわらず、折りたたみ式のプラグが採用されているのも良いですね。

こんなの毎日持ち運べ!って言われているようなものじゃない?

単に軽くてコンパクトなだけの充電器なら他にもいくらでもあるのが現状。

ですが、Revo 30 EVOのこのカバンやポケットに収めてくれと言わんばかりの圧倒的な薄さ。そして、その超薄型ボディにかかわらずの折りたたみ式プラグです。

ストレスなく収まるサイズ感
ストレスなく収まるサイズ感

ポーチの中でも、ズボンや胸ポケットの中でもまったくストレスを感じさせないサイズ感。

自宅の壁際でこっそりと使う予定だったRevo 30 EVO。ですが、それではちょっともったいないかな、と。

手に取りたくなるデザインも

また、思わず手に取りたくなるようなデザインも、最初の考えを覆すのに貢献しています。

デザインへのこだわり
デザインへのこだわり
ひで

目立たない場所でこっそり使ってる場合じゃないな、と。

ただ、実際に使ってみないとホントのところは判断できない。ということで、この2週間は壁際の据え置き充電器としても、持ち運び用の充電器としても、色々と試してみた感じです。

幅広い互換性を活かす

VOLTME Revo 30 EVOは数多くのデバイスの相棒として活用してこその充電器?

MacBook Airの充電も
MacBook Airの充電も

もはや本記事の本題ではないのでサクッと流しますが、、もちろん、Revo 30 EVOの充電性能も検証済み。

当然、iPhoneだけでなくiPad ProやMacBook Airへの充電についても問題はなし。ただ、コンパクトな設計上、発熱はそれなりに生じます。

ひで

コンパクトながら数多くのデイバスで活用できる。これも間違いなく本製品のメリットです。

残量ゼロからの充電速度の目安は以下。(手持ちのデバイスでの検証結果)

充電速度の目安(30分間の充電)
  • iPhone 14 Pro :0-50%
  • MacBook Air(M1):0-40%

iPhoneは当然として、最大30WながらMacBook Airでもかなり頑張ってくれる印象です。

ただし、MacBook Airの充電をメインにするなら、もう1ランク上の45W〜クラスの充電器も検討したい

ということで、VOLTME Revo 30 EVOは

  • 狭いスペースで活用しても良し
  • 毎日、持ち運んで使用しても良し
  • 幅広いデバイスとの互換性も良し

と、幅広いシーンでの活躍が期待できる充電器になっています。

ひで

ただ、それだけに、どこでどうやって使うべきか悩むことになったのも確かw

あなたはこの子を、どこで、どのように使いたいですか?

1ポートで充分ですか?

一応、気をつけておきたいのはRevo 30 EVOは1ポートの充電器だということ。

1ポートで大丈夫
1ポートで大丈夫?

実際、毎日持ち運んで使う分には1ポートでも特に問題はなさそうです。

ただ、常に多くのデバイスを持ち運んでいる方や、旅行や出張の際に持ち出す充電器としては、やや心もとない面もあるでしょう。

いまやそれなりにコンパクトな複数ポートの充電器も少なくはありません。このあたりは用途に応じた判断が必要です。

ひで

普段、コンパクトなモバイルバッテリーを持ち運んでいるので、そちらと併用しています

モバイルバッテリーとの併用も
モバイルバッテリーとの併用も

これ、2つあわせてもかなりコンパクト。ポケットに同時に押し込むとさすがにあれですが、カバンやポーチで持ち運ぶのであれば、特に気になることも無いですね。

ただ、欲を言えば、このRevo 30 EVOのデザインのまま、複数ポートの充電器もあれば良いなとも感じます。

具体的にはRevo 30 EVOの1ランク上のパワーとボリュームのこちらの製品の複数ポートバージョンがあったらな、と。

形状やサイズ感にこだわらないなら、以下の3ポート充電器も良さそうですね。

これなら、旅行や出張でも余裕をもって対応できるはず。

ひで

でも、毎日持ち運ぶなら、やっぱりこの薄さを選んじゃいますよね♪

まとめ|「世界最薄」の活かし方にこだわりたいコンパクト充電器

VOLTME Revo 30 EVO レビューまとめ

同クラスでは「世界最薄」(VOLTME調べ)とされるPD対応の急速充電器「Revo 30 EVO」をレビューしました。

その薄さを活かし家電裏などの狭いスペースでこっそり働かせるも良し、カバンやポーチに忍ばせて常に持ち運ぶのも良し。

コンパクトながらも最大30Wというパワーも相まって、幅広いシーンでの活躍が期待できる充電器です。

ひで

僕は携帯用充電器の1軍機として使用しています♪

この「Revo 30 EVO」だけで、スマホやタブレットだけでなくノートPCまで充電できるのはありがたい。

VOLTME Revo 30 EVO
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 収まりの良い世界最薄クラスのボディ♪
  • 狭い場所でも外出先でも幅広く活躍♪
  • iPhoneからMacBook Airまで幅広い対応デバイス♪
  • 手に取りたくなるこだわりのデザイン♪
  • 高品質な充電ケーブルが付属♪
デメリット
  • 用途に悩む(贅沢な悩み)
  • 発熱はそこそこ
  • 1ポートで足りるかどうか?

「VOLTME Revo 30 EVO」の基本的な仕様やスペック(超薄型&30W&USB-C 1ポート)が想定している用途に合うのであれば、まず間違いなく満足できるコンパクト充電器だと評価します。

これだけ魅力的な製品&価格にもかかわらず、高品質な充電ケーブルが付属する高コスパぶりも嬉しいポイント!

また、記事執筆時点ではAmazonにて20%オフクーポンも配布されています。

幅広い用途での活躍、これはそのまま幅広いユーザーにマッチする充電器だということです。この機会に一度、チェックだけでもしてみてはいかがでしょうか?

「VOLTME Revo 30 EVO」の特徴
  1. 1.36cm!超薄型デザイン
  2. 折りたたみ式プラグ採用
  3. 持ち運びも設置場所も安心♪コンパクト設計
  4. PD対応の30W急速充電器
  5. 高耐久・60W PD対応するUSBケーブル付き
  6. 独自技術による安全充電&PSE認証
  7. 18ヶ月+6ヶ月の長期間のメーカー保証1
世界最薄クラスの急速充電器!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次