ROIDMI EVA レビュー|ごみ収集、モップ洗浄&乾燥まで全自動でこなす次世代のお掃除ロボットの実力を検証 [PR]

ROIDMI EVA

どうも、ひで( @hidetoshitwitt )です。

限られた毎日の時間。手を抜けるところは手を抜くべき。いいえ、徹底的に抜きまくるべき。その代表例の1つが毎日のお掃除では無いですか?

本記事でレビューするのは手抜きOK!ごみ収集、モップ洗浄・乾燥まで全自動!1台5役の5 in 1全自動ロボット掃除機「ROIDMI EVA」

この「ROIDMI EVA」、ご自宅の環境が許すのであればかなりおすすめしたい強力かつ多機能なお掃除ロボットです。

ひで

日々のお掃除をもっと楽にするのがお掃除ロボットの役割。ですが、この子の場合は「楽すぎる!」の域に到達しています♪

楽すぎる!1台5役なお掃除ロボット
楽すぎる!1台5役なお掃除ロボット

機能、性能、価格帯など数多くの競合がひしめくお掃除ロボット業界。すでに多機能なハイエンドモデルも少なくないですが、1台5役と群を抜く働きを見せてくれるのが本製品。中でも以下の様な特徴は目を引くもの。

  • お掃除中だけでなく、お掃除のあともすべておまかせ全自動
  • 高機能なモップ機能による強力な水拭き掃除の実現

一方、ROIDMI EVAの導入には少々の問題や慎重に考えるべき点も。

本記事ではこの「ROIDMI EVA (ロイドミ エヴァ)」がどれほど「楽すぎる!」お掃除を実現してくれるのか? そのメリットと合わせ、見逃せない注意点についても詳しくご紹介します。

\ 限定価格で先行予約販売中! /

本記事はメーカー様より提供の製品を使用し作成しています。記事内の一部画像は許可の元、使用しています。

ROIDMI EVA (ロイドミ エヴァ)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 1台5役!とにかく楽すぎるお掃除ロボ!
  • 多彩な「モップ機能」で強力な水拭き掃除
  • 床のタイプで吸引力を切り替え
  • 優秀なアプリとマッピング機能
  • Wi-Fi無しでもがんばります!
デメリット
  • 設置場所は選びます
  • 段差周りの挙動が丁寧すぎる?
  • フローリング主体の部屋で使いたい
目次

製品概要|ROIDMI EVA(ロイドミ エヴァ)

ROIDMI EVA(ロイドミ エヴァ)
「ROIDMI EVA」の特徴
  1. ROIDMI2022年フラッグシップモデル
  2. 1台5役!掃除中も掃除後もおまかせで
  3. 環境に合わせた3つの掃除モード
  4. モップ機能:強力な水武拭きを実現
  5. 吸引機能:賢い床掃除を実現
  6. 自動ゴミ収集:ゴミは見ないし触らない
  7. 次世代ロボット掃除機:大型ディスプレイ&スマートホーム対応
まるで執事!?
掃除は丸投げの時代到来!

ROIDMI(ロイドミ)について

「テクノロジーで人々の生活をより幸せにする」

今回、フラッグシップモデルを擁し、満を持して日本市場への参入を果たすROIDMI「ロイドミ」は2015年に中国の江蘇省に設立された人気ブランドです。

掃除機業界のパイオニアROIDMI
掃除機業界のパイオニア企業ROIDMI

日本国内での認知度はこれからですが、すでに掃除機業界のパイオニアとして、

  • 80以上の国・地域での事業展開
  • 世界中に400以上の特許を所有
  • iF賞、Reddot Design賞、GoodDesign賞を含む10の国際デザイン賞を受賞
  • 雑誌やWebメディアなどのマスメディアで多数報道

など注目と人気を集めています。

5 in 1全自動ロボット掃除機「ROIDMI EVA」について

「手抜きOK!ごみ収集、モップ洗浄・乾燥まで全自動!1台5役のロボット掃除機

日本初登場、ROIDMIのフラッグシップモデルに当たる「ROIDMI EVA」(ロイドミ エヴァ)は1台で5役をこなす高機能な5 in 1全自動ロボット掃除機です。吸引、水拭き掃除は当然のこと、掃除後のゴミ収集やモップの洗浄、モップの乾燥などの後片付けも「全部」こなしてくれる数少ない高性能機。もうゴミには触らない、手は濡らさない、モップのイヤなニオイも解消です。

製品内容|通常セットの付属品など

通常セット
付属品(通常セット)
※写真内の「ストレージボックス」は製品内容に含まれません
同梱内容
  • ROIDMI EVA(本体&ステーション)×1台
  • モップ ×2セット
  • ゴミパック ×5
  • HEPAフィルター ×1
  • サイドブラシ ×1
  • メインブラシ ×1
  • 充電コード ×1
  • クリーニングブラシ ×1
  • 取扱説明書 など

製品仕様|ROIDMI EVA

ブランドROIDMI(ロイドミ)
製品名称ROIDMI EVA
サイズ(本体)330 × 330 × 106mm
サイズ(ステーション)400 × 382 × 465mm
重量(本体)4.2kg
重要(ステーション)9.8kg
動作電圧/定格出力14.4V / 48W
バッテリー容量5,200mAh
最大吸引力3,200Pa
本体動作音約64 – 77dB
集塵動作音約85.7dB
音声コントロールAmazon Alexa / Google Home Assistant
ディスプレイ大型LEDディスプレイ
生産国中国

ここが好き|5つのメリット&注目ポイント

我が家で頑張るお掃除ロボットがこのROIDMI EVAが二人目です。これまでの相棒はよりリーズナブルなコンパクトモデルの「Trifo Ollie」(以降「先輩ロボ」)です。

ここではコンパクトモデルである「先輩ロボ」との違いなども念頭に、より大型なステーション型のお掃除ロボット「ROIDMI EVA」の5つのメリットをまとめます。

メリット1|とにかく楽すぎる!

「とにかく楽すぎる!」 これが率直な感想です。

そもそも、日々の掃除を楽にするのがお掃除ロボット。でも、そのさらに先を行く「楽すぎる!」を実現しているのがROIDMI EVA。その理由がこれ。

1台5役のお掃除ロボット
お掃除は1台5役の執事におまかせ♪

自動吸引、自動水拭き。そして、お掃除後の自動ゴミ収集機能などは当然として。さらにはモップの自動洗浄や自動乾燥まで1台5役でこなしてくれる。

お掃除後の自動ゴミ収集機能でゴミは見ないし、触らない。

自動ゴミ収集機能
自動ゴミ収集機能

さらには自動モップ洗浄機能と自動モップ乾燥機能で手は濡れないし、汚れないし、臭わない。

自動モップ洗浄機能
自動モップ洗浄機能

それも、毎日決まった時間に、決まったエリアを、決まった方法で。

ひで

つまりはお掃除中だけでなく、お掃除の後までまるまる任せてしまうことができるということ♪

だから、最初から最後までゴミは見ないし、触らないし、手も濡れないし、汚れない。

じゃあ、僕らは何をするか?というと・・これだけ。

  • 週に1回、浄水タンクの給水と汚水タンクの洗浄
  • 数ヶ月に1回、溜まったゴミをゴミパックごとゴミ箱に

※回数は掃除の頻度や掃除エリアの広さなどのよって変わります

浄水タンクと汚染タンク
汚水タンク/浄水タンク

また、我が家のようにフローリングとカーペットが混在するご自宅では「今日はモップがけをするのか? 吸引だけにするのか?」とモップの「あり/なし」の判断と切り替えの対応が必要です。

メリット2|強力なモップ機能と水拭き掃除

そして、このモップ機能がほんとうに強力。

  • モップの洗浄、乾燥も全自動
  • ハイパワーな水拭き掃除
  • カーペットを自動検出でスマート回避

先のモップの自動洗浄&乾燥機能も強力な機能。それと同時に「ROIDMI EVA」はモップを使った水拭き掃除自体もハイパワー。

ひで

かなり気合の入ったモップがけで毎日、床を磨き上げてくれています♪

  • 12ニュートンの加圧式モップ
  • 毎分180回転の高速回転モップ
  • 2つの素材で頑固な汚れと吸水を分担
ハイパワーな水拭き掃除
12Nでハイパワーな水拭き掃除
高速回転モップ
高速回転モップ

表面をなぞるだけでなくしっかりと床に力を加えつつ高速回転するモップは手でゴシゴシしないと取れない様な汚れもスルスルと取り除きます。

フローリングがいつもサラサラでヤバい!

そして、このモップによる水拭き掃除に関してはもう1点。

ROIDMI EVAには水拭き掃除の最中にモップが汚れると、自動でステーションに帰還し、モップを洗浄。その後、あらためて続きから水拭き掃除を再開するという嬉しい機能があります。

ひで

汚れたモップのままで部屋中を動き回ることを防げるということですね♪

この機能とその動作を始めてみた時は「何事か!?」と驚くと同時に「なるほどな!」と感心。

メリット3|吸引掃除では「賢さ」を発揮

コンパクトな先輩ロボはハイパワーな吸引力をウリにしていたこともあり、ROIDMI EVAの吸引力については「そこそこ」というのが正直な印象。

ひで

ROIDMI EVAの「吸引モード」で感心するのはパワーよりも「賢さ」です!

ROIDMI EVAでは掃除する環境に合わせた3つの掃除モードが選択可能。

モップを使用する2つのお掃除モード(「吸引&モップモード」「モップモード」)ではカーペットを濡らさないように自動回避。一方、モップを使用しない「吸引モード」ではカーペット上もしっかり掃除。

その際の挙動が秀逸。こんな感じ。

  • フローリング上ではパワー控えめで静かに吸引
  • カーペットに入ると自動で吸引パワーを最大までアップ(3,200Pa)
  • フローリングに戻るとまた控えめに

ROIDMI EVAは静かさと吸引力の両立。これも自動で判断してこなしてくれるということ。

メリット4|優秀な専用アプリとマッピング機能

ROIDMIアプリ
ROIDMIアプリ

ROIDMI EVAの操作や設定などは基本、専用アプリを使用します。この専用アプリがまた優秀。

搭載されている機能自体は一般的なものが主。

  • 掃除の開始/終了/洗浄
  • 自動マッピング機能
  • 掃除禁止領域の設定
  • 掃除エリアの編集
  • マップ管理(最大6枚まで)
  • 掃除スケジュールの設定
  • 掃除履歴の確認
  • 通知履歴の確認
  • 掃除順序の設定
  • 音声の種類とボリューム
  • メンテナンス情報
  • ファームウェアのアップデート
  • その他の初設定 など

ですが、これら数多くの機能のそれぞれが非常にわかりやすく使いやすい。

中でも「自動マッピング機能」は非常に優秀。

これまでのお掃除ロボットのマッピング機能というと部屋の隅々まで掃除を繰り返す中で少しずつ育てあげていくといった印象でした。

ですが、ROIDMI EVAのマッピングは驚くほどの短時間に終了します。

超高速な自動マッピング機能
超高速な自動マッピング機能

初めてROIDMI EVAを稼働させた際、各部屋を軽く一巡しただけで、もうマップが完成しています。それも充分に実用に足る高精度なものが。

そして、この高精度なマッピングから生み出される掃除機のルート設定。これがまた秀逸。

ひで

掃除中は丁寧に、でも無駄なく隅々まで部屋を巡回し。エリア移動の際は迷うことなく1本道でスムーズにルートを移動。

おそらくROIDMI EVAの独自のアルゴリズムや高機能なセンサーの賜物でしょう。このマッピングやルート設定については先輩ロボよりも数段上と感じます。

メリット5|Wi-Fiなしでも頑張ります!

個人的に嬉しい点。

こういったアプリと連携する高機能なお掃除ロボットは本来、Wi-Fi環境下で動くもの。ですが、ROIDMI EVAはWi-Fiなしの環境下でも掃除機本体、あるいはステーションに搭載されている4つのボタンから基本的な操作が可能になっています。

Wi-Fi無しでも簡単操作
Wi-Fi無しでも簡単操作

また、掃除機の動作状況などはステーションの大型ディスプレイで確認可能。

ひで

これでWi-Fiが届きにくい部屋や機材トラブルのときでも掃除を任せることができますね。

これはスマホ操作が苦手な方にも嬉しい機能でしょ?

ただし、デバイスの登録などの初期設定やアプリを使ったより詳細な操作、設定などはWi-Fi環境下であることが必要です。

ここは注意?|3つの気になるポイント

と、非常に強力で、そして何よりも「楽すぎる!」のがROIDMI EVAの魅力です。

が、そんなROIDMI EVAにもいくつか注意点や気になる点もあります。

注意点1|ステーション型は設置場所を選ぶ

1台5役を誇るROIDMI EVAの各種機能は大型のベースステーションがあってこそのもの。

ひで

でも、このサイズ感が設置場所を制限するのも確か。

ベースステーションの設置条件
  • カーペットではない床の上に水平に設置
  • 左右に各0.5m、前方に1.5m以上のスペースを
  • カーペットから1.5m以上離す

ご自宅の環境によっては大型なステーション型よりもコンパクト型のお掃除ロボットのほうがマッチするかもしれませんね。

自由度の高いコンパクト型の設置場所

実は我が家もステーション前方の「カーペットからの距離1.5m以上」を確保できていません。手前のスペースは約70cmといったところ。

少し窮屈な設置場所
少し窮屈な設置場所

今のところ大きな問題は生じていませんが、実際、窮屈な感は否めませんし、ここは完全に自己責任ですね。

注意点2|段差まわりの挙動

水拭き掃除中の段差まわりでの挙動は少し気になるね。

ROIDMI EVAは段差の踏破力には問題ありません。

例えば、以下の2つの動画。スムーズに段差を乗り越えているのがわかると思います。

が、一方で以下の2つの動画はどうでしょうか?

状況を説明しますと、下2つの動画はモップを使った水拭き掃除中での挙動。こちらは一見、段差に立ち往生してしまっているようにも見えます。

が、実際はそうではなくこれは先にメリットとして挙げた「掃除中は丁寧に隅々まで部屋を巡回」が影響しているのではと思われます。つまり、段差まわりでも他の床面と同じように「丁寧に隅々までモップがけ」という動作を行ってしまっている

結果的にはその場の水拭きもこなし先に進んでくれるのですが・・。

ひで

が、これって見ていて心配になってきますよねw 実際、段差まわりは若干ウエットになりがちかも。

なので、「段差まわりはあまり頑張り過ぎないアルゴリズム」にアップデートしてもらえると嬉しいです。

ROIDMI EVAの動作に関してはこの「水拭き掃除中の段差まわりの挙動」のみが気になりますね。

注意点3|我が家の環境とのミスマッチ

先のメリットでも見ていただいた通り、ROIDMI EVAはフローリングが主体の部屋の掃除でこそ最大限の真価を発揮します。

残念ながら我が家は各部屋ともカーペット主体の環境では、ROIDMI EVAの真価を100%発揮するのは難しい。

例えば、以下は専用アプリにてROIDMI EVAが「モップモード」で水拭きを行っている様子を再現したものです。(このルート再現機能は問題発見の際など非常に便利)

左上と右下のエリアがカーペットを敷いた部屋。

「モップモード」ではカーペットを避ける動きとなるため、カーペット主体の部屋ではどうしても窮屈な動きになってしまいます。

また、「モップモード」の際には事前の下準備が必要に。

狭くて通れない

このルートは狭くて通れない。(ちなみに左手でルートをさえぎるのは大阪で大きな地震があった際にズレたまま元に戻せなくなった重量級の本棚です、、)

だから、ROIDMI EVAの通り道を作るために・・・、こうなります。

ルートを確保
ルートを確保

もう少しサイズの小さいカーペットと入れ替えるか、いっそ取り去ってしまうまで「モップモード」を使用する際にはこの状況が続きます。

ひで

ちょっと面倒ですよね・・。せっかくの掃除丸投げのメリットが若干とはいえスポイル。

いっそ先輩ロボットと同じく、モップがけは諦め「吸引モード」オンリーの運用にすればこういった手間からは開放されます。

でも、それならわざわざハイエンドモデルを使わなくても、もっと低価格なコンパクトモデルで充分なわけで。

とこのように使用環境によっては必ずしも「ROIDMI EVA」の真価が100%発揮できるわけではないという点は確認してください。

ROIDMI EVAはフローリング主体(カーペット主体じゃない)の部屋で使うべき。

とはいえ、こういった注意点を持ってしても、ROIDMI EVAの強力なモップ機能や自動ゴミ収集機能などは便利で捨てがたいもの。

少々の手間を掛ける価値は充分以上です。

ということで、我が家では今後、今回検証した2階の掃除はこのROIDMI EVAにバトンタッチ。これまで2階の掃除を一手に引き受けていた先輩ロボットには、畳部屋中心の1階の掃除を担当してもらうことにします。

ひで

カーペットの入れ替え云々は今後の検討課題とします。

ここが好き
ここが気になる
  • とにかく楽すぎる!(1台5役!今までのお掃除ロボよりさらに楽♪)
  • 多彩な「モップ機能」で強力な水拭き掃除(ハイパワー&掃除後はモップも自動洗浄!)
  • 吸引掃除では賢さを発揮♪(静音とハイパワーを自動で選択)
  • 優秀なアプリとマッピング機能(より一段頭の良いロボットです)
  • Wi-Fiなしでも頑張ります!(どこでも掃除に行きますよ♪)
  • 設置場所は選びます(1台5役の代償かも?)
  • 段差まわりの挙動に?(丁寧さの裏返し?)
  • ご自宅の環境も選びます(フローリングこそが我が領域!)

まとめ|ROIDMI EVAは今まで以上に楽すぎる!を実現するお掃除ロボット

ROIDMI-EVAのイメージ
1台5役の働き者

お掃除中は賢く&強力に働いて、お掃除のあとはしっかり後片付けも。

5 in 1全自動ロボット掃除機「ROIDMI EVA」はまるでそこに執事がいるような!?お掃除をまるごとおまかせできる頼れる相棒です。

ひで

これまで以上に「楽すぎる!」お掃除環境が手に入りました。

ただし、ご自宅での使用環境には注意が必要だよ!

「ROIDMI EVA」が最大限に力を発揮できるのはフローリングを主体とした部屋の床掃除です。

カーペット主体の部屋での使用については正直なところ機能も価格もオーバースペックかも? その様なケースでは、我が家の先輩ロボのようなより低価格なコンパクトモデルも選択肢になるでしょう。

「ROIDMI EVA」が最適解となるのはこんな方。

こんな人におすすめ
  • 毎日のお掃除、もっと楽にしたい方
  • 今のお掃除ロボットよりもさらに楽をしたい方
  • フローリング中心の部屋の掃除をまかせてみたい方

以上、参考にしてください。

最後に重要なお知らせを。

本記事でご紹介したお掃除ロボットはステーション型のいわゆるハイエンドモデル「ROIDMI EVA」。高機能はお掃除ロボットは我が家がそうであったように生活の質を今より一段も二段も高めてくれるもの。

ただ、もちろん難点もあって。こういったハイエンドモデルは少々お高いのが相場だね。

ハイエンドモデルであれば本機よりも機能が劣る製品(例えば、「1台4役」とか)でも十数万円〜20万円程度の価格になるのがネックといえばネックです。

そんな中、これだけの「楽すぎる!」を誇る「ROIDMI EVA」。

現在、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて「安すぎる!?」限定価格で先行予約販売を実施中です。

「ROIDMI EVA」が少しでも気になったあなた。ぜひ、CAMPFIRE掲載ページも覗いてみてください。

\ 限定価格で先行予約販売中! /

「ROIDMI EVA」の特徴
  1. ROIDMI2022年フラッグシップモデル
  2. 1台5役!掃除中も掃除後もおまかせで
  3. 環境に合わせた3つの掃除モード
  4. モップ機能:強力な水武拭きを実現
  5. 吸引機能:賢い床掃除を実現
  6. 自動ゴミ収集:ゴミは見ないし触らない
  7. 次世代ロボット掃除機:大型ディスプレイ&スマートホーム対応
まるで執事!?
お掃除は丸投げの時代が到来!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おじさん。アラフィフらしいです。 在宅ワーク歴15年超のデスクワーカー。毎日、肩首腰を叩きつつ、同時にキーボードも叩いています。

フォロワー数8万超のTwitterの住人。

目次