ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチSをレビュー|どこでも好きな場所で自分スイッチON!

ONSURUマウスパッド付きスタンドポーチS

どうも、ひで( @hidetoshitwitt )です。

時代とともに変化するワークスタイル。どこでも好きな場所で自分スイッチを「ONする」ことを求められる時代に生きる僕たちです。

本記事ではパソコンやモバイル用アクセサリーなどを持ち運ぶことが多い方に最適な自立型ポーチ「ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチS」を紹介します。

ひで

思い立ったらいつでもその場で自分だけのワークスペースが完成!なんてところが魅力の製品です。

ただ、以外な盲点もあったり、と・・。

こちらの「ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチS」はTwitterキャンペーンでいただいた賞品。

この1ヶ月少々、なんだかんだ便利に使っていますのでそのメリット、デメリット含めレビューしてみます。

ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチS
総合評価
( 4 )
メリット
  • どこでもすぐにワークスペースが完成
  • 想像以上に使いやすいマウスパッド
  • スマホスタンド機能で電話や通知も逃さない
デメリット
  • 悩みどころありな収納力
目次

製品の特徴|ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチS

「ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチS」の特徴
  1. マウスパッドと一体型の自立型ポーチ
  2. 2段階の高さ調整可能なリストレスト
  3. スマートフォンスタンド付き
  4. 普段は小物のオーガナイザーとしても
今日はどこで「ONする」?

ブランド紹介|ONSURUとは?

自宅やオフィスだけでなく、移動中やカフェ、フリーアドレスな環境の中、いつでもどこでもその場ですぐに快適なワークスペースを創り出すためのアイテムを提供するブランドが「ONSURU」です。

場所は時間にとらわれないあなただけの快適な作業環境作りをしっかりと支援します。

メリットとデメリット|マウスパッド付きスタンドポーチSの使用感

ONSURU

出先でのPC作業時はもちろん、自宅でもちょっとした気分転換ツールとして使用する程度に気に入っている「マウスパッド付きスタンドポーチS」。

ひで

特に「モバイル用のマウスパッド&スマホスタンド」としては想像以上の高評価♪

一方でガジェットポーチとしては物足りなさを感じる点もあるのが正直なところ。

以下、もう少し詳しく紹介します。

没入感あるワークスペースが一瞬で!

製品使用イメージ
▲PCの横に並べるだけで集中力抜群のワークスペースが!?

行きつけのカフェやファストフード。ノートパソコンの横にこのポシェットを並べたその瞬間、目の前にスッと「空間」が立ち上がる! この感覚は実際に味わってほしいです。

ひで

僕だけじゃないと思うのですが、、カフェでパソコンを広げてみてもなかなか作業に入れないことないですか?

気づけば何をするでもなく、Twitterのタイムラインやニュースサイトを眺めてダラダラと・・。

が、このポシェットをPCの横に並べると、目の前に壁で仕切られた空間が。すると不思議と集中モードに入ることができるんですね。

このポシェットを広げるアクションが良い感じに作業導入のトリガーになってると。

プラシーボ的な何かしらもあるのかもしれませんが、効くなら何でも構わない。

ひで

いまやこのポシェットは集中力を「ONする」ための強力なスイッチとして活躍中♪

マウスパッドやスマホスタンドはおまけじゃない!

マウスパッド
▲長時間の作業が苦にならないリストレスト付きマウスパッド

正直、「ポーチの蓋を都合よく下敷きにしてるだけなんだろ・・」とオマケ的なものに考えていたマウスパッド。ですが、それは大間違い。

カフェなどの限られたスペースでの使用にベストマッチなサイズ感。しっかりと手首を支えてくれる高さ調整機能付きのリストレスト。

長時間の使用も苦にならないモバイル用マウスパッドとして充分以上に機能しています。

リストレストの高さ調整その1
リストレストの高さ調整その2

また、自然とPC画面の横にスマホ画面が並ぶことになるこのスマホスタンドも秀逸。先の通り、作業への没入感を高めるのに一役買ってくれています。

スマホスタンド機能付き
ひで

作業中、着信や通知を見逃す心配がなくなるのも安心ですね。

収納力についてはあと一歩?

ただ、アクセサリーを持ち運ぶためのポシェットとしては物足りない面も。

コンパクトなサイズ感やそのの形状など、持ち運びには優位に働くのでしょうが、収納力という点では制限が大きいように感じます。僕の環境だと絶妙に「大きさ・カタチ・量」それぞれに制限を受ける印象です。

ひで

何でもかんでも自在に持ち運べるわけではない、というのは知っておくべきかと。

iPhone12miniが収まりきらないサイズ感
▲iPhone 12 miniを収めきることができないサイズ感

このサイズに収まるアイテムを持ち運ぶなら全然問題ないはずです。

ただ、僕の場合は「何を収納するか?」を検討することから始める必要がありました。持ち運びたいものを収納するのではなく、収納できるものを持ち運ぶといった印象。正直、今も悩み中。

収納ポケットなど
▲2ヶ所の収納ポケット

収納スペースの奥には収納ポケットが2つ。ただ、これも活かしきれているとは言えない状況。

今は以下のアクセサリー類を持ち運ぶことが多いです。

大小のUSBハブに、USBケーブル2本。そして、マウス。

このポシェット1つでアクセサリーの持ち運びが完結するとはいかないね。

ひで

それでもなんとかMacBook&iPadには両対応可能。そこは助かっています。

そういうこともあってかONSURUでは本製品より1サイズ上(Lサイズ)のスタンドポーチもラインナップされています。

サイズもそうですが、より多様な収納スペースなどガジェットポーチとしての使い勝手はLサイズの方が良さそう。逆にカフェなどの限られたスペースでの使用を考えるとSサイズに分がありそう。

持ち運びたいアクセサリーなどと照らし合わせつつ、どちらのサイズを選択するか検討してください。

ひで

また機会があればこちらの「Lサイズ」にも触れてみたいですね。

まとめ|どちらを優先するかで評価の分かれるガジェットポーチかも?

ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチS
総合評価
( 4 )
メリット
  • どこでもすぐにワークスペースが完成
  • 想像以上に使いやすいマウスパッド
  • スマホスタンド機能で電話や通知も逃さない
デメリット
  • 悩みどころありな収納力
ひで

少々難点もありますが、出先での満足度は高いガジェットポーチです。

この「ONSURU マウスパッド付きスタンドポーチS」を広げた瞬間に想像されるワークスペースの没入感は本当に体験してほしいもの。

評価としては

モバイル用のマウスパッド&スマホスタンドとしては高満足な「4.5点」/ガジェットポーチとしてはあと一歩痒いところに手が届かない感じの「3.5点」

といったところでしょうか。

ワークスペース作りを重視するか? それともガジェットポーチとしての収納力を重視するか? だね。

ONSURU製品のラインナップ

記事執筆現在、ONSURUブランドには今回ご紹介した2製品を含む4つの製品がラインナップされているようです。

どの製品もどこでも好きな場所で自分スイッチを「ONする」際には役立ちそうなアイテムです。

以下も合わせてチェックしてみてください。

本記事でご紹介したのがこちら

もう1サイズ上の製品がこちら

その他の製品はこちら

BEGALO
¥5,800 (2022/09/29 16:10時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おじさん。アラフィフらしいです。 在宅ワーク歴15年超のデスクワーカー。毎日、肩首腰を叩きつつ、同時にキーボードも叩いています。

フォロワー数8万超のTwitterの住人。

目次